診療案内

内科

消化器内科

内視鏡検査

超音波検査

胸腹部レントゲン検査

在宅医療相談

各種健康相談

予防接種

内科

当クリニックの内科について

一般内科医として以下のことを行います。

  • 禁煙や禁酒、減量、減塩を支持・支援し、未病(まだかかっていない病気)の出現を抑えます。インフルエンザや新型コロナウイルスなどのワクチンの接種を行います。(予防)
  • 高血圧や脂質代謝異常症、糖尿病などの生活習慣病の管理・是正を行い、動脈硬化の進展を抑え、脳梗塞や心筋梗塞の発展を抑えます。(生活習慣病の管理)
  • 各種検診や健康診断、定期検査にて、心不全や虚血性心疾患、動脈硬化、脂肪肝、各種癌の早期発見により早期治療に結び付けます。(早期発見・早期治療)
  • 症状に対して、検査や診察で診断し治療につなげ症状を改善します。必要に応じて各専門科へご紹介し、より専門的な検査や治療をお願いすることも検討します。(診断、治療、紹介)

このような症状があれば受診してください。

・食欲がない
・体がだるい
・のどに不快感がある
・吐き気がする
・胸焼けがする
・みぞちのあたりが痛い
・血を吐いた
・右わき腹が痛い
・便が出ない
・下痢が続く
・お腹が痛い
・お尻から血が出てきた
・排便するときに肛門が痛い など

消化器内科

当クリニックの消化器内科について

消化器内科医として以下のことを行います。

  • 胃癌検診・大腸癌検診の一次・二次検診(便潜血検査、内視鏡検査)
  • 症状があるかたや希望者の検査・診断・治療
  • ピロリ菌の検査、除菌療法
  • すでに診断されている疾患、難病の定期検査・治療
  • 消化器癌術後の定期検査
  • 危険性が少ない内視鏡的治療(開院後しばらくは行わない予定です)
  • 侵襲の強い治療や外科手術を要する際の適切な医療機関への紹介
  • 消化器系の疾患についての相談の対応と助言

このような症状があれば受診してください。

・食欲がない
・体がだるい
・のどに不快感がある
・吐き気がする
・胸焼けがする
・みぞちのあたりが痛い
・血を吐いた
・右わき腹が痛い
・便が出ない
・下痢が続く
・お腹が痛い
・お尻から血が出てきた
・排便するときに肛門が痛い など

・体重が減った
・微熱が続く
・ご飯がのどや胸につかえる
・嘔吐した
・げっぷが多い
・食後に胃が重い
・コーヒーの色をしたものを吐いた
・便が墨のように真っ黒であった
・便秘と下痢を繰り返す
・お腹が張る
・便に血が混じっている

内視鏡検査

内視鏡検査では最新の内視鏡装置を用いて熟練した医師が消化管の検査を行います。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

太さ6mmほどの細いスコープを使って、食道、胃、十二指腸の検査を行います。検査時間は検査の目的や状態により異なりますが、通常の観察だけであれば5分程度で終了します。スコープの挿入は通常の口からの検査の他に鼻からの経鼻内視鏡や、眠り薬を用いて眠くなった状態で検査を受けられる鎮静下の内視鏡検査も積極的に行っています。それぞれに長所や短所はあるため、一緒に相談し検査方法を選びましょう。

このような場合に検査を行います

・血を吐いた ・黒い便が出た ・喉のつかえ感 ・食欲がない ・体重が減った ・吐き気がする
・胸焼けがする ・みぞおちのあたりが痛い 
・採血で貧血を指摘された ・ピロリ菌が心配 ・ピロリ菌の治療歴がある
・バリウムで要精査と言われた ・家族に胃癌の人がいる

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

太さ12mmほどのスコープにて直接大腸を見ることで殆どの大腸癌は診断できます。大腸癌検診の便潜血検査を定期的に受け、便潜血陽性となった時点ですぐに内視鏡検査を行えば、癌があったとしても多くは早期の状態で発見され、早期発見できれば殆どの場合は根治できます。また様々な腸炎の診断や、炎症性腸疾患の経過観察などにも欠かせない検査です。前処置の薬剤の工夫や細径の内視鏡、吸収されやすい炭酸ガスでの送気などにより以前よりは楽に検査を受けることが出来るようになりました。

このような場合に検査を行います

・血便が出る ・太い便が出なくなってきた ・便秘と下痢を繰り返す 
・便秘がひどくなってきた ・食欲がない ・体重が減った ・下痢が続いている 
・採血で貧血を指摘された ・大腸癌が心配 ・便潜血で陽性と言われた 
・家族に大腸癌の人がいる

超音波検査(エコー)

当院の超音波検査

超音波検査エコー

超音波を発するプローブという器具を体の表面に押し当てて、超音波の跳ね返りを捉えることで画像を作る検査機器です。これにより検査による苦痛は殆どなく放射線の被爆もなしに腹部の臓器や心臓、血管の状態をリアルタイムで評価することが可能となります。

腹部超音波検査(腹部エコー)

超音波を用いて、腹部の臓器や血管に異常がないかどうかを調べます。胆石や胆嚢ポリープ、脂肪肝、肝細胞癌、大動脈瘤などの発見に役に立ちます。

このような場合に検査を行います

・おなかが痛い ・背中が痛い ・食欲がない ・体重が減った ・腹が張る
・尿が赤くなった  ・体が黄色くなってきた
・採血で肝障害や膵酵素の上昇を認めた ・年1回のスクリーニング検査として
・肝臓や胆嚢・膵臓の病気が指摘されている

頸動脈超音波検査(頸動脈エコー)

高血圧や糖尿病、高脂血症といった生活習慣病や喫煙などにより動脈硬化が進むと脳梗塞や心筋梗塞、腎不全などが引き起こされることが知られています。近年、体の表面から近い動脈の1つである内頸動脈に動脈硬化が早くから現れることから、内頸動脈を超音波で評価することで動脈硬化の進み具合を知る良い指標となると考えられています。

このような場合に検査を行います

・めまいや頭痛がある ・頸動脈に雑音がある ・糖尿病や高脂血症、高血圧などの基礎疾患がある

心臓超音波検査(心エコー)

心臓超音波検査は心臓の筋肉や便の動きを評価したり、1回の拍動ごとの心臓が送り出す血液の量を測定することで心臓の機能を評価し、心疾患を見つけます。

このような場合に検査を行います

・息切れがする ・息苦しい ・ゼーゼーする ・疲れやすい ・足が浮腫む
・レントゲンで心臓が大きい ・心電図に異常がある ・心雑音がある

レントゲン検査

胸部レントゲン検査

X線を用いて心臓の大きさや肺の影、胸水の有無や消化管のガスの状況を映し出すことで、心不全の管理や肺炎や肺癌、消化管では腸閉塞の診断に役に立ちます。骨の写り方を評価することで骨粗鬆症の評価にも用いられます。

このような場合に検査を行います

・息切れがする ・息苦しい ・ゼーゼーする ・疲れやすい ・足が浮腫む
・咳が出る ・血痰が出る ・肺がん検診の一次検診として

在宅医療相談

申し訳ありませんが現在は受け付けておりません。

各種健康相談・検診

当医院は各種検診に応じます。

日本医師会認定産業医として、嘱託産業医の依頼に対応致します(準備中です)。
いわき市の特定健診・健康診査・人間ドックは令和3年7月1日より予約受付開始を予定しています。眼底検査が必要な際には外部委託での対応となります。

肺がん検診の一次検診、胃がん検診・大腸がん検診の一次・二次検診に対応致します。

協会けんぽや船員保険、共済組合等の健康診査につきましては指定医療機関での対応となります。今年度の当院での対応は出来ませんのでご了承下さいませ。

予防接種

新型コロナワクチン、インフルエンザワクチン、高齢者用肺炎球菌ワクチン、風しん抗体価の低下例に対しての風疹ワクチン、帯状疱疹ワクチン、B型肝炎ワクチンに対する定期外予防接種について対応します。